2012第二回炭焼(竹炭)体験〜窯焚き〜 ご案内

2012.02.23 Thursday

0
    春は種まき、夏は鮎とり、秋は収穫、冬は炭焼き、雪が降ったら冬眠。
    むらざとの暮らしはとてもシンプルです。

    時は冬!炭焼(竹炭)窯焚きをします。
    先々週は竹の伐り出し体験を参加者の皆さんと一緒にしました。
    それから、竹切り、竹割り、竹の節とり、しばり、窯の修復、薪の用意と順調に作業をこなし、
    ようやく本番の窯焚きの日となりました。



    この日は朝10時までに来てもらえると、面白い体験ができます。
    まず、窯の中を見ることができます。
    一体窯の構造はどうなっているのでしょうか?

    その窯の中に竹をくべます。(くべるとは入れるという意味)
    竹は立ててくべ、飾り木、止め木など、炭焼き内部の様子がうかがえます。

    次に、入口をふさぎ、その上から土を塗り、密閉します。
    炭焼きは蒸し焼きです。燃えてしまっては元も子もなくなります。
    空気があちこちから漏れたら、燃え尽きて灰になってしまうのです。
    窯の内部温度は1200度くらいまで上がります。
    なので、しっかりと土塗りをします。赤土の左官屋さんですね。
    これが案外体験者の方々には面白いようです。



    そしていよいよ、点火です。(お昼12時くらいになりそうです)
    この時、この一瞬のために、すべての準備作業が何日もあったのです。
    興奮と喜びの一瞬ですね。

    どうぞこの機会に炭焼きの窯焚き体験に来て下さいね。
    んだば ^〜^v




    『2012年 第二回竹炭の炭焼体験〜窯焚き〜♪』
    日時:2月26日(日)朝10時〜4時

    場所:炭焼小屋ととろ窯
    岐阜県加茂郡白川町黒川 佐久良太神社(さくらたじんじゃ)東隣

    参加: 参加費無料、昼飯は皆で火を焚き作ります。質素な昼飯です。
        ととろ窯に『むらざと支援金箱』がひっそりと設置されています。
        気がついたら、チャリンあるいはドッサリとよろしくね(笑)

    持ち物:手袋、手ぬぐい、足元のしっかりとしたシューズ、または長靴、防寒着

    主催:NPOむらざと http://murazato.com
       むらざと自然農園

    〒509−1431 岐阜県加茂郡白川町黒川3144
    TEL&FAX 0574-77-1548
    お申込お問合せ先: 古田義巳まで
    09088656049
    furutay*sepia.ocn.ne.jp
    murazato*docomo.ne.jp 
    いづれもメールは*を@に代えてメール下さい
    1