黒川野菜を都会へ!ロハスガーデン夢おこし岐阜店

2011.02.25 Friday

0


    『わあ〜これ私の作った大根かしら〜』
    生産者の一人が大根サラダを食べながら、にこにこしながら言った。
    お店のあちこちで美味しい料理に歓声があがった。

    昨日、『黒川野菜を都会へ!』の事業の提携先である野菜レストラン、『ロハスガーデン夢おこし岐阜店』で黒川野菜の生産者とお店のお客様との30人研修交流会を企画し開催したところたくさんの人でにぎわった。

    朝早く、黒川野菜の生産者たちはレンタカーに分乗し、黒川を出発。途中、富加の道の駅を見学しつつ、11時過ぎにはレストラン、ロハスガーデン岐阜店に早々と到着。早速、記念撮影だ。カメラマンはおなじみ広報のありたん、気合いれてけよ〜ピンボケはあかんで〜とやじが飛ぶ(笑)



    お店の外看板にはなんと!黒川の風景写真が!
    佐久良太神社の大杉や、清流黒川や青い空の下の田畑の風景が美しい。
    『本物より綺麗に見えるだよ!』と誰かがつっこんだ(笑)



    お店に入ってからすぐにオーナージェフの坂上さんにご挨拶。厨房はランチタイムに備えて大忙しだ!マネージャーの石黒さん(イケメン男性)にもご挨拶。今日は特に美味しいのをよろしく〜と、ウィンク(笑)



    席に着いてしばらくすると、お客様がぞくぞくとやってきた。
    馴染みの顔を見つけて、やあ〜おひさしぶり、元気だった?お店のあちこちで挨拶ラッシュ!
    初対面の人には名刺を渡し、ご挨拶、ごたいめ〜〜〜〜ん。





    すると、お店のホールスタッフの女性たちが慣れた手つきで、てきぱきとオーダーをさばいていく。
    本日のお料理は?
    メインディッシュは 飛騨牛のハンバーグと玉とろ。
    ソースがなんとも見事な味付け まいう〜



    お肉は柔らかく地元の飛騨牛、卵は黒川の有精卵の赤卵だ。これは黒川の養鶏場で生まれたばかりのタマゴを前日軽トラで直送したものだった。これ以上の新鮮なタマゴはどこのレストランでも家庭でも食べることはできないだろう〜

    さてさて、わしらにとってはメインとなる黒川野菜のサラダビュッフェがこれだ〜



    わあ〜美味しい野菜だわ〜 新鮮ねえ〜 とお店の中は興奮状態
    それもそのはず、黒川の生産者が自分の家族が食べるために安全に、手間をかけ、子供を育てるように作った野菜たちだもの。そのとれたてをお店に直送し、すぐに料理されサラダビュッフェに並ぶのだ。 新鮮、安全、安心。 しかもリーズナブル!まさに地産地消、新鮮野菜のオンパレードだ。



    ごはんは雑穀ごはんだ。これはめちゃうま!なぜなら、この雑穀五穀はむらざとが地域おこしで作っている熱い!熱い!いのちの雑穀なのだ。←興奮して血管切れそう〜(笑)
    農薬、化学肥料を使わない自然農の雑穀なのだ。メニューの雑穀リゾットも好評とか。



    ごはんはパンかどちらでも選択できるシステムだ。スープと味噌汁も選択できる。
    わしは雑穀ごはんとスープだ。誰かが、ごはんなら味噌汁だろ〜とツッコミが。。
    勝手じゃろうが(笑)

    ワインもビールも酢ジュースなどもお好みだ。わしは運転手だったので、ノンアルコールで〜とほほ

    これでお腹いっぱいとなるのに、次にデザートカップが出てきた。これでフルーツやゼリーやアイスクリームなどを自由に取って食べることができる。女性はこれが大好きなようだ〜 
    別腹、別腹!と何回も! あんた別腹でなくて、もう出腹ぢゃ〜(笑)

    最後はドリンクバーだ。わしはホットをチョイス。ここのコーヒはとても美味しい。こだわりのコーヒらしくて店頭でも販売されている。よく売れるらしい。

    店頭といえば、ロハスマルシェ(市場)として黒川の特産物も陳列販売されている。雑穀五穀、大豆、乾燥椎茸、白川茶、麦飯石、手作りの布袋など、黒川の特産品がいっぱいだ〜 野菜も到着したものが店頭ですぐに販売される場合があるので、タイミングが良ければゲットできるかも。

    こうして交流会は終盤となり、ここでオーナーシェフの坂上修平さんが登場。料理への想いを熱く語る。
    『食材は岐阜のものにこだわり地産地消を実現したいと思っております、その結果地域おこしの応援になるかなと願っております。味はどこにもないオリジナルものとし、野菜は黒川の新鮮で安全な野菜を主体とし、春日村など県内の農家とも幅広く提携しております。本日の料理は。。』と、熱くにこやかにご挨拶されました。 

    参加者のみなさんはひとりづつそれぞれの感想を述べ合いました。
    みんな、美味しかった!感動!ありがとう!と大好評ばかりでした。

    生産者のひとりは『私は農薬は絶対に使わず、肥料も鶏糞と草だけで作っております。形は小さくとも味は良いと思っております、さらに味付けは抜群なので、黒川野菜を何回も食べにロハスに来て下さいね』 
    それを聞いて、坂上さんはにっこりとうれしそうだった。



    こうして黒川野菜の研修会と交流会は楽しいうちに終わったのだった。

    参加して頂いたみなさん、遠いところ、お忙しいところ、本当にありがとうございました!

    むらざとは『黒川野菜を都会へ!』の地域おこし事業を成功させるために、これからも引き続きがんばりたいと思ってますぢゃ〜

    どうか、岐阜市へ行ったら、ぜひともロハスガーデンで黒川野菜を食べて応援して下さいね〜
    また、お愛しませう〜 


    ロハスガーデン夢おこし岐阜店
    岐阜市北島6−1−1 (野菜畑チェーン 羽島店、瑞穂店ほかもあり)
    環状線北島6交差点角 
    (大垣共立B/K、サイゼリア、スギ薬局の近く

    ^〜^vんだば


    主催: 『黒川野菜を都会へ!』むらざと自然農園
    協力: NPOむらざと http://murazato.com ゆうきハートネット
    後援: 白川町有機の里つくり協議会
    コメント
    コメントする