7月朝市楽座のお知らせ

2018.07.15 Sunday

0
    7月22日(日)9.00-12.00 雨天決行 佐久田神社 岐阜県加茂郡白川町黒川中切305 http://g.co/kgs/GhLqVA 09088656049 今月のイベント ☆ フリマ市を同時開催、めぐり市の女性たち、涼しい杜にて〜♪出店者募集〜byちぽ ☆ 暑い!朝からビアガーデンオープン〜♪ ☆ 昔なつかし大判焼き屋さんがやってくる〜♪ ☆ ハワイ帰りのミュージシャンがギター片手にやってくる🎸 ☆ 人気沸騰!ベンチャーズバンドビビトーンズ来る🎸 今月の出し物 ・黒川新鮮野菜・原木椎茸・あんしん豚・手作りコンニャク・キムチ・苗・雑穀・漬物・味噌 ・五平餅・たこ焼・栗赤飯 ・みたらし団子・焼きそば・イカ焼き・手作り弁当&スープ・信州名物おやき ・クッキー・天然酵母パン・お菓子・大福もち・フルーツ・自然チョコレート・極旨スイーツ・コーヒー ・燻製チーズ・燻製品 ・大判焼・ヒエフィッシュバーガー ・曲げわっぱ・フェアトレード品・手作り小物・ピュアオリーブ油・リサイクル品・農具販売 むらざと通信2018.7  『敬天愛人の巻』 NHKの大河ドラマ『西郷どん』を毎週楽しみに見ている方が多いようですが、私も欠かさず見ています。 それは西郷隆盛の座右の銘、『敬天愛人』の生き方が人の心を惹きつけてやまないからです。 敬天とは天を敬うことで、天とは宇宙、真理、神、仏などでしょうか、また愛人とは人を愛すること。つまり西郷隆盛は私利私欲から離れて天とともに生き、貧しい庶民を心から愛し大切にし、まさにその通りに生きた方だったのです。 有名なエピソードがあります。陸軍大臣の時、部下たちを連れて歩いていると、坂の途中で車夫が荷車を引いている途中に立ち往生していました。すると西郷はすぐに荷車を後ろから押して助けたのでした。それを見た部下たちは陸軍大臣たるものがそのようなことをしたら人様に笑われるとたしなめたのでした。すると西郷はこう言い放ったのでした。 『おいは、人の目のため生きているのではない、天を相手に仕事をしているのだ、人様に笑われようが、天に恥じるところがなければそれでいいのだ』と笑ったのでした。 この敬天愛人の生き方を信条とする経営者の方も多いようです。京セラの稲盛和夫氏はJALの再生にも成功し一躍有名になりましたが、稲盛氏もまたこの敬天愛人を信条とする生き方をされた経営者でした。  天を相手にして生きる。奇しくもむらざとの座右の銘である『天とともに生きる のぢゃ〜』と同じ路線でした、だいぶスケールが違いますが(笑)   感謝合掌

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    コメント
    コメントする